FC2ブログ

 ささやかな毎日。

読んだ本

2
火山のふもとで火山のふもとで
(2012/09/28)
松家 仁之

商品詳細を見る


(内用紹介より引用)

大事なことは、聞き逃してしまうほど平凡な言葉で語られる――。
「国立現代図書館」設計コンペの闘いと、若き建築家のひそやかな恋を、
浅間山のふもとの山荘と幾層もの時間がつつみこむ。
胸の奥底を静かに深く震わせる、鮮烈なデビュー長篇。

「夏の家」では、先生がいちばんの早起きだった――。
物語は、1982年、およそ10年ぶりに噴火した浅間山のふもとの山荘で始まる。
「ぼく」が入所した村井設計事務所は、夏のあいだだけ、
軽井沢の別荘地に事務所機能を移転するのが慣わしだった。
所長は大戦前のアメリカで名匠ライトに師事し、時代に左右されない
質実で美しい建物を生みだしつづけてきた寡黙な老建築家。
秋に控えた「国立現代図書館」設計コンペに向けて、所員たちの仕事は
佳境を迎え、その一方、先生の姪と「ぼく」とのひそやかな恋が、
ただ一度の夏に刻まれてゆく――。
ディテールのひとつひとつに小説を読むよろこびが満ちあふれ、
「いつまでも読んでいたい」という声多数の、類まれな長篇小説。
【第64回読売文学賞受賞作】



贅沢な時間を過ごしました。美しい軽井沢の自然と、個性豊かで魅力的な登場人物。読み終わっても、しばらく本の世界の余韻に浸っていました。建築、自然、野鳥、料理、音楽・・・すべてがひとつになって、この本の世界を形作っています。手元に置いて大事にしたい、出会えてよかったと思う本です。
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ルナまま

No title

「舟を編む」を読んだ時も、極力難渋な仕事を、真剣かつ喜びを持って完成させていく男たちとさりげなく支える女性・・読後感はよろしゅうございました。
最近は、桜庭一樹女史にはまってます。現代の寺山修司氏・・・?積読の私にしては、好き嫌いとは関係なく物語に引き込まれるスピードが速いです。
 家にある読んでいない本を間違いなく読み切る自信はありません。・・・・
 
「火山のふもとで」、読みたいです。
そして、積読は私のスカイツリーになっていきますv-219

ぽんすけ

●ルナままさん●

「火山のふもとで」、お貸ししますよ!!
桜庭一樹、未読です。
「私の男」しか知らないけど、どうやら読むのに覚悟が要りそうですね(笑)。
「舟を編む」は多分そのうち・・・。
私こそ、本当に読むのが遅い・・・。
でもgo slowですから、何しろ(笑)。