FC2ブログ

 ささやかな毎日。

さよなら、ありがとう、かえでちゃん(その1)

4
ウィルが一番大好きだった仲良しのお友達、かえでちゃんのお宅が10月下旬、お引越ししてゆきました。お引越し直前、2度にわたり、お別れを惜しんでウィルとお宅に遊びに行かせていただきました。お庭で遊ぶかえでちゃんとウィル、かえでちゃんのパパママ公認の相思相愛の間柄でした。
IMG_0010-2.jpg

IMG_0028-2.jpg

IMG_0029-2.jpg

IMG_0120-2.jpg

IMG_0136-2.jpg

IMG_0149-2.jpg

IMG_0159-2.jpg

IMG_0161-2.jpg
(続く)
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

よっきー

No title

まるで兄弟とか親子みたいに信頼ある仲睦まじさですね。
お別れとは淋しいね。

ぽんすけ

●よっきーさん●

本当に。
かえでちゃんは私と体重がそんなに変わらない大きなからだの、心優しい女の子。
ウィルと同い年なの。
かえでちゃんとは、どんなに激しいおすもうでも、安心して見ていられた。
全然けんかの心配を感じませんでした。
とてもさみしいです。

ルナまま

かえでちゃんとウィルちゃん

私は犬ではないけど、かえでちゃんとウィルちゃんのような真の心のふれあいを持ちたいです。
今日は気持ちがかなりv-159しているので、お引っ越しのお別れのお写真ですが、
’ほのぼのとした優しさ’と’であいがあれば、別れも来る’という辛さも複雑な気持ちですが、’優しい強さ’
も感じました。
辛いのはじぶんだけじゃないよウィルちゃん。RもMもいるし、かえでちゃんもこれからも優しく元気に頑張っているよe-343

ぽんすけ

●ルナままさん●

ルナままさん、何か悲しいことあったのね?
大丈夫?何もできなくて・・・元気出して、がんばって。
そうなんですよね・・・出会いがあれば、別れも来る。
どんなに好きでも、どんなに居心地がよくても、同じ状態を未来永劫持続させるというわけにはいかないのですよね。
かえでちゃんのママから転居のお話を伺う前後、人・モノ問わず、好きだったもの、愛着のあるものとの別れや、そういう将来を想起させる出来事が続き、「『新陳代謝』として、必要なことなのだ」とさみしさを鎮める自分がいました。
別れもあれば、新しい出会いや関係も、きっとまたできるでしょう。
さんぽで毎日必ず旧かえでちゃんのうちの前を通るけど、日々解体が進む状況を目の当たりにする私のさみしさと対照的に、ウィルは事態がわかってなさそう(笑)。
そう、それでいいのです!!
またかえでちゃんとどこかで会えたら、「あれ?なんだかずいぶん久しぶりだねえ!!」とまたはしゃいでくれると思います。