FC2ブログ

 ささやかな毎日。

定食屋ぽんすけ

4
1カレーライス定食
カレーライス定食
久しぶりのカレーライス。豚肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎ。新しい白菜でサラダ(白菜、ツナ、トマト)、自家製塩らっきょ。

2さんまのお刺身定食
さんまのお刺身定食
ウィルとよるさんの商店街の魚屋さん特製の酢じめのさんまのお刺身。去年の秋も買ったんだけど、とってもおいしい!!しかも閉店間際だったんで安い!!べか菜のおひたし、高野豆腐の含め煮、きゅうりとにんじんのぬか漬け、長ネギと里芋の味噌汁

3豚肉トマト丼定食
豚肉トマト丼定食
豚肉トマト丼(塩・コショウ・醤油で下味つけた豚肉とたっぷりの角切りのトマトをジャっと炒めて、塩・コショウ・醤油・砂糖で軽く味付けて、汁ごとごはんにのっける、かぼちゃの田舎煮、きゅうりとコーンとツナのサラダ、ほうれんそうとじゃがいもと落とし卵の味噌汁

4かきたまうどん定食
かきたまうどん定食
かきたまうどん(あんかけ卵とじ。えのきとほうれん草と卵と青ネギ)、お惣菜屋さんで買ってきた鶏のから揚げ、冷トマト、かぼちゃの煮物

5白菜と春雨と肉団子のスープ定食
白菜と肉団子と春雨のスープ定食
白菜と豚肉団子(豚挽き肉・長ネギ・塩コショウ・卵)と春雨のスープ、納豆、かぼちゃのサラダ(かぼちゃの煮物のリメイク)

6ソース焼きそば定食
ソース焼きそば定食
何日か前にTVで見た福島のなみえ焼きそば(極太麺で具は豚肉ともやし)を見てすごく食べたくなったけど、マルちゃんのソース焼きそばでガマン(笑)。ソース焼きそば(具は豚肉、きゃべつ、もやし、えのき、紅生姜)、白菜と肉団子と春雨のスープ、トマト

7金目鯛とかぶとさつまいものタジン鍋定食
金目鯛とかぶとさつまいものタジン鍋蒸し定食
金目鯛とかぶとさつまいものタジン鍋(金目鯛には塩をまぶし、野菜には並べてから軽く塩かけて、ちょっとの水を入れて15分強蒸しただけ。カンタンなのにすんごくおいしい!!さつまいもは粉チーズにんにくマヨネーズで、金目とかぶはポン酢醤油で食べた。かまぼことわさび漬け、昆布の佃煮、もやしと油揚げの味噌汁
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

kero

タジン鍋〜

やはり、冬は温まるお料理よね。鍋やあんかけ!
タジン鍋が出動してますね。うちにはないけど、土鍋で水少量で蒸焼き美味しいですよね〜。でもサツマイモは一緒にしたことなかったわ。チーズで食べるのよさそう!

  • 2011/10/31 (Mon) 18:01
  • REPLY

ルナまま

いつもがんばりますね美味しそう

いつもきちんと家族を守ってますねv-218
うちは、なにもしたくなくなる恐怖の精神状態になる時も多多あり、食事や散歩のおかげで現世に戻るという感じです。今日はカレーに瓜のちょっとだけ辛いスープにいろんな野菜のきんぴら、冷ややっこです。
目標を失って気もうしないそうでしたが、¥とは無縁の目標を立てました。試験オタクっぽいです。
でも、掃除や挨拶だけでも立派な自営の仕事なので、仕事も忘れたわけではありません。
 秋は気分が落ち込みやすい季節ですが、秋晴れは見事な日本の財産だと思います。
散歩中に缶コーヒー飲むと生きてることに感謝です。
寒い冬になるかもしれませんが、日本は四季を持つ素晴らしい所だと思います。
ウィルちゃんいつか会って遊ぼうねv-22
焦らずゆっくり濃密に生きましょう。e-346

ぽんすけ

●keroさん●

去年買ったタジン鍋、なかなか使いこなせず、去年一度使っただけだったんだけど、かぶをどう使おうか考えて、そうだ!と思い出した。
冷凍庫には煮魚にしようと買っておいた生協の金目の切り身があったし、いただきもののさつまいももあるから、いいかも!!ってやったら、ばっちりでした。
疲れてて簡単に済ませたかったこともタジン鍋に向かわせたわね(笑)。
ガーリックチーズマヨネーズもいいけど、カレー粉入れたマヨネーズもよさそう。
あんかけ卵とじのおうどん(かきたまうどん)、私にとってはなつかしのメニュウなんです。
子供の頃、我が家で蕎麦屋の出前を頼むとき、子供二人は決まってお気に入りがかきたまうどんでした(笑)。
ほかの家族もだいたい決まっていて、祖父と父がカレー南蛮、祖母もかきたま、母はたぬきそばが多かったです。
大人になってからのワタシは断然たぬきそばオンナとなりました。
血でしょうかね(笑)。

ぽんすけ

●ルナままさん●

今朝のあささん、気持ちよくて、ちょっと気分が煮詰まり気味だった私もお寺カフェしちゃいましたよ(笑)。
昨日の夕刊に「孤独を楽しむ」という哲学者のコラムがあって、いくら家族がいて肌寄せ合っても、個であることの孤独は消えない。けれど、そうであるからこそ、夕日の美しさに思わず足を止めて感動したり、他人との何気ない小さな会話にほっとしたり、そういう小さくともキラキラした宝石箱のような幸せを感じるのです、というお話がありました。
別に普段孤独を感じるわけじゃないですが、さんぽの合間のそういうほんのわずかの時間って本当にそういうものだなって思います。
色々不条理・不本意な事態と戦いつつ、がんばっていらっしゃるルナままさんが目に見えるようです。
でも、愛するルナールやミュウやパパさんがいれば、がんばっていけちゃいますね!
ルナ家の皆さんが私を見守って応援してくださっているように、私もいつも応援してます!!
フレ、フレ、ルナままさん!!
昨日、ダンナの実家からちょこっと野菜が届きました。
中に時期も終わりで小さな小さな冬瓜がふたつ入っていて、「煮物にするにも小さいな・・・」なんて思ってたんですが、ルナままさんの献立みて、「そうか、スープにすりゃいいんだ!」とひらめきました。
ありがとうございました!!(笑)