FC2ブログ

 ささやかな毎日。

女正月

2
昨日は朝イチで仕事を片付け、一日遅れの小正月。小正月は女正月ともいって、年末年始忙しく働いた女性をいたわるって意味もあるらしく。はい、確かにたまってます(笑)。ウーちゃん、悪いけどお留守番頼む!

電車で目的地へ向かう途中、乗り換えで歩いた町で発見。店構えが何とも昭和なにほひの大学いも専門店。
大学芋合格屋
その名も「合格屋」。買わなかったのが最後まで悔やまれる~~~。ちょっとだけ、味見分だけでも買えばよかった~~~。

さらに、最寄り駅から目的地への道すがらの見次公園の池。湧き水だけでできた池だそうです。寒い中、釣り人のおじちゃんが数名。
見次公園の池

本日の目的地。
さやの湯処
板橋区前野町の「さやの湯処」、日帰り温泉です。

11時に入館、入浴料800円に岩盤浴700円。まずはひとっ風呂浴びてからお昼を食べて、さらに夕方までたっぷり汗かいてふやけました。事業家の元邸宅を利用したこの施設、こぢんまりとした美しい庭園と昭和レトロな建物(食堂として利用されてます)がポイント。昔の建物、壊すのは簡単だけど、新しいものにはない居心地のよさがあります。こんな風に再生されて、ほんとによかったなあと思います。露天にあるうぐいす色の源泉は塩分たっぷり、とってもあったまった。よもぎの香りいっぱいの蒸し風呂も良かったな。岩盤浴では先週のインフルに引き続き、大汗たっぷりかきました(笑)。出た~って感じ。岩盤浴ゾーンの休憩所の居心地が良くて、うっかりすーすー眠ってしまったぽんすけです。
平日だというのにお風呂は結構混んでいましたが、帰る前に食堂をのぞいたら、なんと誰も人がいなかったので、ちょっと撮影しちゃいました。
食堂1

食堂2

縁側

庭
食堂の名物はお蕎麦(十割粗挽き)。一番人気の天ぷらせいろを食べました。確かにお蕎麦はとてもおいしかったです。雪の庭を眺めながら、のんびりできました(セルフサービスなので出来上がりの呼び出しポケベルがちょいと無粋なれど、あのお値段なら致し方ないでしょう・笑)。

前野町はなじみの場所なのです。新婚時代に住んでいたときわ台からすぐで、駐車場も前野町に借りていたし。なので、「ここまできたら」と、ときわ台に寄り道。

さやの湯処の目の前からときわ台まではバスが頻繁に出ていて、10分足らずでときわ台駅へ到着。駅前のたい焼き屋、高校生男女が行列を成していて、「何事?」と思ったら、たい焼き100円の日だった(笑)。午前中に大学芋を食べ逃したおばちゃん、なんとしても食べたくなり、高校生に混じって行列に参加。あつあつのたい焼きをはふはふしながら、懐かしの町を歩きました。
初めてのマンション
懐かしいマンション、健在。はじめの一歩を踏み出した場所。

懐かしい通り
懐かしい通り。毎日通って、通勤したな。この町に来ると、当時の自分たちのことがついこの前のように思い出される。きっと死ぬまでこの町は私たちにとっては特別な場所、ルーツなんだな。

地元に戻り、お気に入りの「本職の定食屋」さんで夕飯。私はみそ味のぶり大根定食、ダンナは牛肉と九条ネギのあんかけ定食。

温泉と外食、女正月らしい一日となりました。ありがと。
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

kero

いいねえ

ちょうど雪景色になって、いい風情だね!
骨休めができたようで何よりでした。
お留守番のウィルくんも、お疲れ様でした(笑)

ここ、ノーチェックだったな。いつか行ってみたいわ。。
腰痛ひきずってるから、湯治湯治~(笑)

ぽんすけ

●keroさん●

こぢんまりとした施設だけど、旅の宿的風情があって、なかなか良かったよ。
でも、食事は宮前平の方が上(笑)。
うんうん、湯治効くと思うよ。
ダンナが以前肉離れで松葉杖だった時、信州の大好きな宿でマジで湯治したけど(笑)かなり効果があったとダンナも言ってました。