FC2ブログ

 ささやかな毎日。

読んだ本

0
インフルエンザで臥せっている間、高熱が下がって、いくぶん気力が戻ってきたところで、ダンナが買ってあった本を読んでた。

無常という力―「方丈記」に学ぶ心の在り方無常という力―「方丈記」に学ぶ心の在り方
(2011/11)
玄侑 宗久

商品詳細を見る


鴨長明が生きた平安末期は、大火事や竜巻、飢饉に大地震、遷都と、貧しい庶民にとり、非常に過酷な世の中だった。東日本大震災といつまで続くともわからぬ原発事故の余波を生きる福島の僧侶・玄侑さんが、鴨長明の行き着いた方丈記の心髄を読み解く。

烏に単は似合わない烏に単は似合わない
(2012/06/24)
阿部 智里

商品詳細を見る

松本清張賞受賞作。著者は20歳の現役女子大生。八咫烏(やたがらす)の一族が支配する世界。若宮のお后の座をめぐり、4人の美しい姫が戦いを繰り広げる宮廷ファンタジー。きらびやかな姫たちの日常や宮廷の描写が目に見えるようで、子供の頃憧れた大和和紀の漫画の世界を読んでいるみたいだった。ラストがね・・・。えええっ???!!!って感じで、超びっくりなのでした。う~む。でも、しばし楽しい世界に遊ばせてもらいました。文章もそうだけど、まだまだ若い著者。これからの成長に期待ってところです。
 去年は後半特にあまりにバタバタで、本を読む楽しさから遠ざかってしまって、最近は図書館の予約もしてなくて、さみしさを感じてたけど、またぼちぼち本を探して借りようっと。
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.