FC2ブログ

 ささやかな毎日。

お正月(その3・完)

2
今さらお正月振り返るのも・・・という頃になってしまったけど。
正月3日目は私の実家&前日から来ていた甥っ子たち一家との一日。
早起き坊主(熱心な野球小僧兄弟は朝からジョギングだった)の胃袋に合わせ、朝は8時には招集・・・出勤より早いよ(笑)。
母のおせち
すでにだいぶ減ってたけども(笑)、今年も母のおせちが食べられる幸せ。やっぱり一番おいしい。

お昼からは小僧の希望でボウリングへ(じじばば&ウィルは留守番)。うわ~、私、何年ぶり?10年ぶりくらいかな?
ボウリング
私と妹はレベルの低い争いを繰り広げました、とほほ。でも、結構楽しんだな。

2時半過ぎ、ロイホで遅いランチ。肉食小僧ら、肉を喰らい、大満足のご様子(笑)。帰って一息ついてから、皆でウィルとさんぽに行く。夕飯はこれも小僧のご所望ですき焼き。体育会育ち盛りの小6&小4は、どこまでも肉(笑)。聞いただけで「・・・勘弁!ごちそうさま!」の私たちは別れて、自宅で夕飯です(笑)。

翌朝、甥っ子一家は賑やかに兵庫へ帰って行きました・・・。
全員集合
この日は休暇最終日、ようやく予定無しでうちでのんびりでした。ダンナが借りてきた「テルマエ・ロマエ」観て温泉行った気になって(笑)、ビール飲んで、食べて。

ねえ、ウィル?
出た首かしげ

今年もよろしくね。元気で仲良く、楽しく暮らそうね!
ウィル今年もよろしくね

ぽんすけ家の年末年始休暇、これにて終了。よい年末年始でした!!
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ルナール家のルナまま

おせち料理

v-360我が家は以前の手作りおせち料理は、年末から財布と相談し食材を招き入れ、なんとか大みそかには完成!!テレビみながらぐだら~ぐだら~年越しそばv-359
元旦は目覚めても10時ころまで騒がず、のそのそと起きて、渾身のなんちゃっておせちの重箱を開ける。
おなじみの整列を崩しながら、補充から空間埋めて2日目へ・・・
今年は実家で行形屋(イキナリヤ:老舗の立派なお店;食事も流しそうめんもできる小塚のある庭も持ち、食事には希望により古町芸妓もいらしてくれる・・)のおせちで、からすみとか、高価なものを脱兎のごとく自分に皿に確保し(もたもたすると父の箸に美しい整列の御馳走が乱される・・・)安全確認!お店でないのでご立派な行形屋さんの皿ではないが、満足でした。姉の方は甥が金沢で勉強中なのを利用し、金沢の料亭から注文したおせちだったようで、詳細は見に行かなかったが、全国作ったり注文したりと、正月の風物詩は花開くっていうものですねv-531
 年末の掃除は年始へも続き、今年は無理せずゆっくりと台所を中心に快適な動線の設計を考えて、
桜の春を迎えたいと思います。
 お仕事の方も、連休の方も正月疲れや体調ダウンを上手になおしてそれぞれの成人式を見変えたいですねv-354

ぽんすけ

●ルナール家のルナままさん●

行成屋、調べましたよ~(笑)。
すっごい料亭ですねえ!!
おせちはそのおうちによって、地方によって、いろいろあって、楽しいですよね。
妹の嫁ぎ先(川西)はお義父さんがおせちには酢ごぼう、酢れんこんとあともうひとつ酢なんとかを作るらしいですが、これは郷土の特色、というより、ここんちがとりわけ酢が好きなおうちらしいんですね(笑)。
ダンナの実家は母は料理ベタで、義母の代わりに子供の頃から台所に立っていた義理の姉が用意して持ってきてくれるんですが、上手にパルシステムのおせちを取り入れ(ご自身もダンナ様も料理の腕も舌も肥えた人たちですが、やはり何しろ忙しいからねえ)、それが意外においしいです(今年は黒豆とにしんの昆布巻きがおいしかったし、伊達巻も思ったより甘みが強くなかった)。
それ以外にもいろいろと「これはうまい!」と思ったおとりよせをもって来てくれて、私たちに教えてくれます。
文化!を感じます(笑)。
姉夫婦から受けた薫陶、私の料理や味覚の歴史のひとつの大きな潮流ともなってます(大袈裟でなく・笑)。
おうちのお手入れ、ゆっくり楽しみながらできればいいですね。
去年後半から思いもよらぬ体調不良に見舞われることが続き、やはり休むことの大事さや自分の年齢を直視せざるを得ません。
今年はもう少し余裕を作りたいね、と年明け早々、ダンナと話したところです。
お互い、自分のからだと相談しながら、調整しつつ、自分のペースで今日をつくっていきたいですね。