FC2ブログ

 ささやかな毎日。

篠山紀信はマジすごい

2
篠山紀信写真展
昨日の定休日。午前中は朝イチの仕事などあり、お昼頃に久々に街へおでかけ。まずは東京オペラシティのアートギャラリーに終了間近の篠山紀信展『写真力』を観にいく。

すごかった!!壁画みたいに巨大大伸ばしのポートレートを展示する展示方法、写真のすごさがドーンと迫ってくる。その人がまさに生きていた、輝いていたその時を、その人のスゴさを、その時代を、写真は写している。展覧会開始後に鬼籍に入られた森光子さん、勘三郎さんの写真に喪章がつけられていた。勘三郎さんの襲名披露・一座の口上の写真は特に印象深い。一座が振り向き、観客全員舞台後方中央のカメラに歓喜のまなざしを送っている。圧巻。かっこよすぎで震える思い。涙出る。

この前、トーク番組で、紀信さんが「日本一の山、富士山をただ撮っても、いい写真撮れない。『よっ、日本一!!』って富士山に思いをこめて声かけると「写真の神様」が降りてくる」みたいなことを言ってた。被写体へのリスペクト、愛情、そういうものが溢れんばかりにみなぎってるのが紀信さんの写真。

最後に展覧会の概要から、紀信さんが語る「写真力」を引用します。

「写真力」って何?

写真力」?
写真の力が漲った写真ね。
写された方も、撮った者も、それを見る人々も、唖然とするような尊い写真。
特に、人の顔の写真ってすごいよね。いろいろなことを思い起こすし、あの頃、あの子と付き合ってたとか、でもグラビアの子に随分お世話になったとか(笑)、あの時代貧乏だったけど今より幸せだったかも・・・・・・とか。
時空や虚実を超えて、脳裏に強くインプットするイメージの力が、写真力ってわけだ。
そんな写真ってどうやったら撮れるかって?
そりゃ大変なんだよ。めったにそんな写真は写らない。
だって人知を超えた写真の神様が降りて来なくちゃ、すごい瞬間は立ち現れないんだもの。
その為にはあらゆる努力をする。被写体へのリスペクト、その場の空気を正しく読み、自分の感性を最大限にヒートアップさせる。すると本当に偶に神様が降臨する。そりゃ、すごいぞ。そこで撮れた一枚は、その人への想いはもちろん、時代や自分史をも思い起こさせる力になってしまうんだから。
で、この展覧会は、50年間にわたって撮ってきた写真の中から、飛び切り写真力のある写真ばかりをえらんでみたものなんだ。
よりすぐりの顔、顔、顔・・・・・・
写真ってスゴイぜ!

篠山紀信



本当にすごい人。これ、観ないのは絶対に損です。エネルギー、いただきました!!

24日まで!
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ルナまま

強烈なインパクトを感じた方の深い世界!!

 篠山紀信さんと言えば、私は恥ずかしながら{シンシア}を奥さんにされた方とまず思ってしまいますが、
亡くなった義父がモダンアートや詩人でもあったためか、なんでもないダンボールの写真に心を惹かれたり、マクロの世界の写真やもちろん篠山紀信さんの樋口可南子さん集もありました。もろもろ、いろんな物を残して逝かれたけれど・・・難しい。が、インパクトは感じます。
 奥深い世界です。一瞬で好きか嫌いかを感じ、タイムラグで嫌いな感じのものも深い物を感じます。
 
”好きこそものの上手なれ”の世界を知りたい気がしますv-354

ぽんすけ

●ルナままさん●

シンシア!!と言えば、「17歳」だけど、私が小学校の頃?中学の頃?買った歌謡曲のオムニバスカセット(!)の中に南沙織の「グッバイ・ガール」が入ってて、すごく好きな曲でした(これが主題歌だったリチャード・ドレイファス主演の映画も好きでした!)。
今でも歌える(笑)。

樋口可南子のウォーターフルーツやりえちゃんのサンタフェはダンナが借りてきて、当時「うわ~きれい~!」と言って見ました。

大伸ばしにして負けない、というか、大伸ばしにしてこその写真、壁面サイズにも負けない個性。

撮るほうも撮られる方も一流の世界でした。

ほんとに写真力って言葉がぴったりでした。そして、写真力を支えるのは人間力。あ~あ、落ち込む(笑)!!

エネルギーもらって、拝みたくなるくらいでした(笑)。