FC2ブログ

 ささやかな毎日。

行灯ともる商店街・さなぎ、衝撃の結末

2
昨日のよるさん、いつも通り、よるさんレギュラー商店街に行ったら・・・

行灯を灯すイベントをしてた。

行灯1

行灯2

行灯3

おいしそー

イベント要旨によれば、この商店街は昔は区内一賑わう商店街だったそう。通りのあちらこちらに様々な色や形の行灯が灯され、わずかだけれど、出店やストリートライブや集会所でワークショップなどもやっていた。区の後援を受けてこのイベントを主催したこの地域に根ざす公益法人によると、行灯祭に使用されるキャンドルのうち230個は商店街や近隣で出た廃油、66リットルから作られたらしい。ワークショップを開催し、東京理科大学の学生と地元の中学生が中心になり作成されたものだそうだ。 今年初めて開かれたこのイベント、老若男女がごった返す毎夏恒例の夜店市と比べるとまだまだ認知されていないようで(毎晩通っている私も認識してなかったくらいだから・・・)、人出は多いとは言えず(私一人でウィルを引きながらこんな写真を撮ったりしながら通り抜けられるくらいだからねえ)、なぜかかえっていつもより閉めている店も多くて(暗いから行灯が冴える???)、ちょっとさみしい印象だった。今夜も開催され、昨夜とは違った催しもあるらしい。買い物スタイルの変化やスーパー進出の勢いがとまらず往時の賑わいはないものの、細々と地道に続いている商店街、がんばってほしいっす。大好きな商店街、これからも利用するよ~!

そしてさなぎの思いもよらぬ最後。

昨日は夕方までダンナと私は毎年文化の日恒例の出張の仕事に出ていたのだが、戻ってきてみると・・・さなぎがついていたクスノキの幼木の鉢植えが消えていた!なんと・・・出かけている間に母が植木の手入れをして、さなぎがついていると知らずに木ごと始末してしまったのであった・・・。そろそろ羽化するかと毎日うかうか(シャレっす・・・)していた私とダンナは「ギャー!」と絶叫し、ガックリと肩を落とした。「もうムダだよ」という私を尻目に、ダンナは始末したという植木ゴミをあさったが、そこで目にしたものは無残につぶれたさなぎでした。確かに中はどろどろだった。まさかこんな結末があるなんて、想像もしませんでした。。。。さなぎになって3週間近く、羽化するとすればもうするはずの頃だったから、まだドロドロだったってことは、このさなぎは越冬したのかもしれない。ごめんよ、さなぎ。合掌。
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

kero

残念・・・

行灯イベント、文化祭の季節だからかな?
街に住むみんなが楽しみにするイベントになるといいねえ。

そしてサナギ・・・
むかーしむかしの記憶が蘇ります。。
大切に見守っていたアゲハのサナギ。
ある日「害虫いたからとっておいたよー」と・・・
周囲へのアピール必要を実感したけど、
ぽんすけさんちはお母様だものね・・・
忙しい娘夫婦のためのご親切だもんねえ・・・
残念だけど、しかたないよね。
暖かい季節に生まれ変わってほしいね。

ぽんすけ

●keroさん●

初めての年だもんね、まだまだ試行錯誤でしょうね。
昨夜はおとといより人が多かったです。
私もよく買う製麺屋さんの店先でやってた月見うどん、食べたかった~!
来年も続くかな?
文化の日で覚えやすいから、注目ですね。

さなぎのついてた鉢は下の家の植木だから、私やダンナがどうのこうのは言えないんだけど(笑)。
アオムシがいたことも、さなぎがついてるのも、教えたはずなんだけど、ちょっとするともう年で忘れちゃうのよね。
植木の手入れも滅多にしないのに、なんであの日に限って・・・(T_T) 、気分がのってたらしい・・・。
悪気が無くて、「ごめ~ん」としきりにあやまっていたので仕方ないねえ。