FC2ブログ

 ささやかな毎日。

週イチおしゃべり一年間

4
 先月の上旬、なんと帯状疱疹にかかってしまった。あせもの悪化にしては酷い、うちにあった塗り薬を塗ったり、シッカロールをはたいても良くならず悪化して広がる、と近所の皮膚科へ行ったのがまだ初期だったことと、40代ということで基礎体力があったので、痛みはほとんどなく、1日5回の服薬で軽くて済んだのが幸いだった。60代や70代だったらこんなもんでは済まないらしい。皮膚の違和感はまだ少し残っている。なかなかしぶとい。

 診察のついでに、「そういえば、先生・・・」と何年か前から気になっていた右足の裏の小指の付け根にふたつある、魚の目みたいなものをついでに診てもらった。魚の目だけじゃ、なかなか皮膚科へ行こうと思えないものだから、いいチャンスと思って。そしたら、なんとこれは魚の目じゃなくて、イボだった。うつるといけないから治しちゃおうということになったが、「週一回来院、約1年かかると思ってください」と!!治療はマイナス200℃近い液体窒素で異常組織の部分を焼いてウィルスを死滅させ、正常な皮膚を再生させるというもの。低温やけどさせるようなものなので、ちょっと痛い(でも短時間だし、我慢できないほどじゃない)。治療の間先生は痛みから気をそらせるためだろう、私にずっとしゃべりかけてくれてます(笑)。私と同じくらい?の年齢の恰幅が良くてそれに見合った大らかな感じの女医さん。最初のうちは帯状疱疹のことなんかを教えてくれてたけど、今週はコーギーを飼っていることがわかった。17キロ!「寝るときも一緒なんですよ」「私と一緒です~」「足元が定位置だからゆたんぽになるんですよ(先生)」「ウチ(ぽんすけ)はおなかのあたりなんですよ~」って笑いました。これから1年毎週会うんだから、これからもこんな風に色々と話すんだろうなあ。皆さん、皮膚のことで気になること、先生に聞いてみたいことがあったら言ってくださ~い。
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

ヘッジホッグ

No title

帯状疱疹!?
あれ、痛くてたいへんなんですよねぇ、、。疲れがたまってたのかな。
でも、皮膚科の先生とよいご縁が!(良くないか、、医者とのつきあいなんて)
楽しくて行ったはずじゃないのに、そこで、打ち解けて、楽しいおしゃべりができるなんて、
ぽんすけさんの、お人柄なんだなぁ、って思います。
私としては、もう半世紀近く生きてきた、ダメージ受けまくりのお肌をなんとかする方法でもあれば、聞いてきていただきたいです。

小山田緑地、すてきですねぇ、私もぜひ行ってみたいな。

  • 2012/10/12 (Fri) 23:40
  • REPLY

ルナまま

冷凍除去療法・・・

 冷凍除去がんばってますね!先生もぽんすけさんもエライですv-218
私は薬疹時に大学皮膚科で「ブヨの所もステロイド軟膏使って下さい」って予想通りの指示でした。
この歳ですから、30か所以上も冷凍除去するのも大変なので、いろんな軟膏を使って様子見てます。
3年もぶよって不快感を続かせるのですね!生き物って強い・・・v-12
 帯状疱疹は早めに診ていただいて良かったですね!!、女性はこの時期なりやすく、人によっては難病も誘発するから、ぽんすけさんの早期決断治療は素晴らしいです。
 世間では山中先生のips細胞に盛り上がってますが、治療には5~10年は待たねばならず、治験にエントリー出来る大学病院とか施設に200例くらいの患者数が条件ともいわれますね・・
難病を治したい山中先生の気持ちとは裏腹に、難病で症例数が少ないのがネックになる危険が・・・
まあ、まだまだ海のものとも山のものとのわからずという現実のなか、研究者はがんばられてます。
 今は、Mが緑のクレヨンみたいなうんちをして・・・早く治ってほしいです。

ぽんすけ

●ヘッジホックさん●

こんにちは!
そうなんですよ!私も帯状疱疹はものすごく痛いものという認識でした。
でも、当初痛みはなくて、湿疹と強い痒みだったのでした(後にむずがゆいような痛みとわきの下のリンパの腫れ、しびれるような感覚の異常が出てきましたが)。
広がるんで、「とびひ?だったらこれ以上広がってしまうと困る!すごく痒いし」と皮膚科へ行ったら、帯状疱疹と診断されました(確かに右半身だけだった)。
もう少し年をとるとひどい痛みは確実、場合によっては後遺症が辛いそうです・・・。
どんな仕事でもそれ本来の作業と、本来の仕事のパフォーマンスを最大限引き出すための陰の仕事がありますが、先生のおしゃべりもきっとそうです(笑)。
でも、嫌な感じの先生なら、毎週1年も通うの絶対嫌ですから、やはり人柄って重要ですよね。
はい!美を保つ秘訣、聞いておきます(笑)。

ぽんすけ

●ルナままさん●

こんにちは!
帯状疱疹、出張の仕事が多い時期だったし、ひどくなって仕事にさわるのが嫌で、早く行って正解でした。
ルナままさん、イボたくさんできちゃったんですねv-292
ダンナも体質的にできやすく、ハトムギ茶を飲んで体質改善でした(そのせいか、幸い最近はできてない様子です)!
ブヨ刺されは人によって本当にひどさに違いがありますね・・・まだ戦っているとはブヨ憎しです!!
山中教授の研究の成果、早く実際の医療現場で革新的な治療につながることを願っているたくさんの患者さんがいるでしょう。
本当にそうです。
携わっている研究者たちは日夜そんな患者さんを思い、努力されているのだと思います。
尊いお仕事だと思います。
ルナままさんもお仲間もそんな研究者の皆様と同じくらい尊いです。

ルナールくん、それは心配です!!
なんだろう?
実はうちのウィルも今とある検査の結果待ちで少々気を揉んでいます・・・。
今日は後で病院です(でも今日は結果はまだです・・・)。
またお知らせします・・・
お互いわが子の健康を祈りましょう・・・。
ルナールくんもルナままさんも、どうぞお大事に。
気を送っておきますよ!!