FC2ブログ

 ささやかな毎日。

エスカロップって?

4
エスカ

北海道出身のご夫婦がやっている近所の北海道居酒屋さん、夜のみの営業なんだけれど、今月から1ヶ月ほどお試しで期間限定ランチを提供している。ランチメニューは一品だけ。その名も「エスカロップ」。何それ?エスカロップとは根室のれっきとした郷土料理らしい。刻んだたけのこ入りのバターライスの上に、薄めのとんかつをのせて、デミグラスソースをかけた、ボリュームたっぷりの料理。そしてつけ合わせに刻みキャベツとポテトサラダが定番らしい。根室ではほとんどの喫茶店やレストランで食べられるらしい(地元の人は「エスカ」と言っているそうだ)けれど、北海道でも根室以外ではお目にかかることはほとんどない地域メニューだそう。若い頃、北海道はかなりディープな旅行をしたけれど、根室には立ち寄らなかったので、初めて聞いた言葉。初めてのエスカロップ。ガツンとボリュームのあるものが食べたくなり、「あ、そうだ!エスカロップっての食べてみよう」と思い出して食してきました。超どっしりでした~、胸焼け注意(笑)。とんかつはサクっと揚がっていて美味だったけれど、デミグラスソースは・・・缶詰をあっためただけかなあ(笑)。ここはひと手間が欲しいな・・・。スープ付き、750円也。なんだか根室にいる気分になれて、楽しかった!
 ちなみに、室蘭でのやきとりは、やきとりとは言っても鶏ではなく、豚を使うんだそうです。そして、肉の間には長ネギじゃなくて、タマネギ。薬味は七味じゃなくて、辛子。この前、夜飲んだとき食べたけど、とってもおいしかったです。
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

ルナまま

郷土料理?

 「エスカ」って残り漬物刻んで混ぜて、各種肉の薄揚げにデミや麻婆豆腐のルーなんかをカレーのルー代わりに使ってのっけても良さそうですね。
TVでジャガイモの千切りを茹でて、鰹節とめんつゆかけて、いただくのも、どこかの郷土料理?
で、先日作ったら好評でした。超簡単な小鉢になりました。
ちょいちょいTVとかで情報入れてますv-290
えのきたけはB1が豊富で疲れが取れるらしいです。
根元の土のついてる所はぎりぎり切って捨てても、その上のいつも捨てる辺りをオリーブ油で炒めると、
かなりいい味がでるらしいです。
 そろそろ、本当の夏バテがきますから、簡単にがんばりましょうv-354

kero

室蘭焼鳥

この前北海道フェアで洗礼うけました(笑)確かに豚肉。なぜ焼鳥というのか(笑)

エスカも魅力的ね?こういうB級グルメって、この10年くらいで有名になってきたよね。認知度が拡大したというか。学生時代に旅先の楽しみにそういう現地ならではの食事を知っていたらと思うわ…

私も根室は未踏なの。いつか行きたいなあ。

  • 2011/10/15 (Sat) 21:55
  • REPLY

ぽんすけ

●ルナままさん●

そうかぁ、考えてみれば、エスカロップって、カツカレーみたいなんですね(笑)。
刻み漬物入りライス+マーボーソース、エスカロップとは言えないけれど(笑)、おいしそうです。
疲労回復のB1豊富えのき料理、よし!さっそく取り入れます!!
ここのところどっぷり疲れが取れないのです・・・。
来週も忙しいし、しばらくバテている場合ではないので、積極的にいいことは取り入れようと思います。
ご存知かもしれませんが、えのきは入っている袋のデザインに特徴があって、根っこの捨てる不可食部分がわかるようになっているんですよね。
根元のおがくずみたいのが見えないように、下のほうは色分けしてありますよね。
袋のままそこから切れば、食べられる部分と食べられない部分が分かれると、以前TVで言ってました。
なるほど!と、それ以来、迷いなく切れるようになりました(笑)。
昨日10月15日はきのこの日だったみたいですね(10月がきのこ需要のピークで、その中日にしたらしい)。
季節のおいしいもの、カンタンに調理して、乗り切りましょう!!

ぽんすけ

●keroさん●

そうか、この前keroさん、室蘭焼きとり食べたんだね!!
私も注文頼んだ時、「やきとりと言っても・・・」と奥さんからちゃんと説明を受けました(笑)。
エスカロップ、ご存知でしたか。私は初めて知りました!
私はまだ20代半ばだった結婚して1年目と2年目の夏、それぞれ1週間まるまる休みを使って、フリードライブ旅行したのでした。
両年とも北海道の大自然を満喫し、名馬に会うという偏った旅で、あまり町中は散策しなかった(笑)。
一番記憶に残っている思い出の味は、釧路で食べたかに三昧でも、ジンギスカンでもなく、名馬シンザンに会いに訪れた、観光客が泊まることもまれな浦河の海辺の小さな旅館の朝食でした。
焼きたての干物などごくごく普通の朝ごはんだったけんだけれど、とりわけだしのたっぷりきいたお味噌が踊るあつあつの味噌汁のおいしさはなぜか忘れられない味です。
次点は知床で食べたバフンウニ、次が大雪山系の山の中、ナキウサギの生息地のそばの幻想的な小さな湖のほとりで、唯一出会った小学生の男の子とお父さんがくれて一緒に湖見ながら食べた六花亭のマルセイバターサンド(初めて食べた)です。
去年、いとこが北海道に移住したのです。
「ウィル連れておいで!」と言ってくれているので、実現はカンタンではなさそうですが(笑)、いつか行きたいと思ってます。