FC2ブログ

 ささやかな毎日。

2012夏合宿 in 菅平(2日目・犬とネコ岳に登る・その1)

0
2日目。5:45起床。
朝食は簡単に
簡単に朝食を済ませて・・・

今回の旅で挑戦してみたかったこと。ウィルを連れて、根子岳(2207m)に登る!昨年初めて菅平に来た時、「いつか登ってみたいな」と思っていたので、今年は下調べをしておいた。天候は申し分のない晴れ。朝起きて、決行することに決めた。根子岳は花の百名山に数えられ、特に危険な箇所はない山です。この時期は登山道にも可憐な花が見られ、団体で登ってくるグループも結構ある。登頂に際してはいくつかのルートがあるけれど、一番ポピュラーな菅平牧場管理棟からの直登ルートを外し、峰の原ルートを選択。このルートはダラダラと単調で、日陰がないのが難点だが、なだらかで、おそらく人も少ないだろう。犬を連れているので、人の多い登山道は避けたかった。コテージから登山道まで歩いて行けるのもメリットだ。根子岳登山については、犬連れ登山の先達の体験記をネットで見ていたので(ただその人のルートは菅平牧場直登ルートだった)、何とかいけるかな、とチャレンジすることを念頭においてきた。犬連れ登山については賛否があるのは承知している。犬連れ禁止を打ち出している山もある。犬連れはふさわしくない、行くべきではない、と思う山には登るつもりはない。一般の登山客の迷惑にならぬように、登山道を外れて自然破壊をすることのないように、と自分たちなりに充分に注意をして、また、登山中に批判を受けることもあるかもしれないと覚悟して、登ることに決めた。ウィルには、カラーではなく、ハーネス(先代三太の形見)をつけた。万一ウィルが足を踏み外したりした時、首輪では抜けてしまう可能性があるけれど、ハーネスならウィルのからだをがっちりと支えてくれる。水は人間以上に用意して、エネルギー補給に備えて、ウィル用にも軽いごはんとおやつを。山ダニはフロントラインが守ってくれるだろう。
 7時半、徒歩でコテージ出発。予定では10:30前には登頂できるだろう。一般登山客で混雑する前に頂に上がるようにしたい。
登山道へ
8時頃、峰の原登山道へ入る。

わんちゃんと出会う
間もなく、菅平牧場の脇に出る。ここで、ゴールデンを連れたご夫妻に遭遇。ダボス方面からさんぽしてきたとのこと。私たちがこれから根子岳に登ることを話したら、この家族も前に登ろうとしたことがあるんだけど、日陰がなくてバテてしまい、「この子が途中で座り込んで動かなくなっちゃったので、諦めて戻ってきたんですよ」とのこと。ウィルもそんなこともあるかも。そうしたら仕方ない、戻ってくればいい。とりあえず行けることころまで行ってみよう!!
入山料を払う
ゴールデンくんとお別れして、入山料ひとり200円をポストに投入、いよいよ、登り始め。
歩き始め・あそこまで行くんだよ
目の前にたおやかな根子岳。「あそこまで登っていくんだよ!!」
イトトンボ
イトトンボがいた!
北アルプスを望む
根子岳からは北アルプスの山々がよく見えます!!
雲海と北アルプス1

槍を望む
槍もクッキリ!!

雲海と北アルプス2
雪の残る北アルプスの山並みはやっぱり格別です。

あと一息
途中で給水しながら。炎天下の登山道、よくお水を飲みました。でも、足が止まることはなく、私たちについてきます。途中、結構野生動物のフンが落ちていて、ウィルはそれに興味津々でした。犬と登山、小さな子供を連れてるような感覚ですが、それよりは頼もしいかな。私たちにとっても、おそらくウィルにとっても、お互いにとって、愛しい愛しい相棒です。
登山道

山並みと青空とギボウシ
可憐な花々が励ましてくれます。花々はまた別にアップすることにしよう。

振り返ると下界とアルプス
お天気に恵まれ、眺望がいいです!!

ちなみに・・・牧場脇でゴールデンくんたちと出会って以降、山頂まで登山道では誰にも会いませんでした。

山頂まで、あとちょっと!!がんばろう!!(続く)
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.