FC2ブログ

 ささやかな毎日。

NEW STAGE?

6
先週の出来事。閉店時間駆け込みのお客さん。年のころは20代前半のかわいらしいOLさんがご来店。お選びいただいている間、そばの事務室でお待ちしていると・・・

「あの、お母さん、一緒に選んでいただけませんか?迷っちゃうから相談にのってくださ~い」

な、今、なんと?

お母さん・・・?

( ̄△ ̄;)エッ・・? アタシのこと???ダンナとアタシしかいないよね、この場に。

( ̄ェ ̄;) ・・・。


今まで店に来る若いママさんからも「おばちゃん」とは言われず、(若干?の無理は重々承知ながら)ずっと「おねえさん」と言われてきた私だったけど(苦笑)。

つい最近も小学5年生の女の子から年を聞かれ、答えずに「ママ、いくつ?」って逆に聞いたら、「38」って言うから、「それより上」と言ったら、「え~、本当?若く見えるよ~」って言われたのに・・・。

若くキレイな女の子は残酷(目がシビアなのよね)だわ~(T_T)

キャンディーズのランちゃんやスーちゃんが初めて老け役に抜擢された時も、こんな気持ちになったのかな・・・(苦笑)。

お客さんが帰った後、ダンナに「今、聞いてた?」って聞いたら、「うん、聞いてた。お母さんって言われちゃったな」って(笑)。でも、結婚が早かった私たちにとって、すぐに妊娠していたら、あれくらいの子がいたって不思議じゃないんだよな、と。

ま、いいか。お母さん、いいじゃないの!!はいはい、相談のっちゃうよ!!

この件以前からここ1年ほど店ではなんだか女将っぽくなったと思うぽんすけです(笑)。

スポンサーサイト



6 Comments

There are no comments yet.

ルナまま

アメ横で・・

 おはようございます。女性だけじゃないけど、年齢って、身分証明みたいな?隠れ蓑みたいな?危うい不思議な存在ですねv-31
 昔むかし、母とアメ横に行ったら、学生の私ではなく母に「お嬢さん、お安いよ!」なんて
鼻から牛乳~でした。まあ、営業ではよくあることですが・・。で、うっかり喜び、シシャモを購入し食べたら
ゴム製品みたいでしたe-317
 アンチエイジングにこだわることも無く、自然が人間も一番です。TのMもRも家族とともにです。
でも、奥様も御主人もウィルちゃんも御若いです。素敵です。e-291

マリンママ

No title

お、お母さん??
私は、自分の母親と姑以外にお母さんと呼ぶ事がないので、
???と思ってしまいました。

以前、ワン友さん(私から見ておばあちゃん位の歳の方)におばちゃんと言われ、
直接ではなく、自分のワンコ(16歳)にむかって「おばちゃんがおやつくれるって」と
言ったのですが、とってもショックをうけました(--;)
小さい子供からおばちゃんと言われるのは仕方ないけれど、ワンコだって十分じいさんな
歳だろ~!!とつっこみたくなりました(笑)

kero(goody)

うーーーー

おかあさん・・・は、経験ないなあ。。
友達の子供が大学生になる子もちらほらいるから、と思ってはいても、
自分の子供のともだちに「おばちゃん」と呼ばれることもなくきてるから、
「おばちゃん」というのもまだ、なんか抵抗があるんだけど。

いきなり「おかあさん」はやっぱり相当面食らいそう・・・
うん、なんか、ぽんすけさんのそのときの表情が頭に浮かびそうです。
洗礼うけちゃったねぇ。。いやはや、なんとも・・・ご愁傷様!?
いやでも、痩せたしさ、「若くてきれいなおかあさん」ってことで(笑)!!

ぽんすけ

●ルナままさん●

アメ横のおじさん、商売上手ですね(*´▽`*)
「おじさん、お上手~」とか何とか、私も絶対買っちゃいます(笑)。
ほんと、年齢っていろいろな側面があります。
やっぱり女性だからアンチエイジングもしたいですけれど、外側も中身も「それなり」になっていくことが自然なのかな。
うまく年を重ねていければいいな。
それには毎日を、楽しさも苦しみも、味わい尽くすこと!だと思ってます。
ルナール家も、み~んな素敵です!
あんな笑顔、そうでないと出ません!!

鼻から牛乳~大好きです(笑)。

ぽんすけ

●マリンママさん●

私、やっぱり定食屋のお母さんなのかも(笑)。
最初耳を疑い、「あ、そうか、あたしのことね」と納得して、とても不思議な気分でした。
でも、完全にイヤ!!っていう気分じゃ決してないの。
おばちゃんって言われるより、どこかあったかいものがあるの・・・。
マリンママさんのことを「おばちゃん」と言ったおばあちゃんは、自分がそう言われ過ぎて、そういわれてマリンママさんがどう思うかの想像力や表現力が欠如してしまったんでしょうね。
年取っても、デリカシーはなくさない年寄りになりたいですよね!!
と言っても、自分もよく、商店街の買い物なんかで、商店のおばちゃんに(もちろん、自分の母親に近い明らかなおばちゃんに)「おばちゃん、これ、ちょうだい!」とかなれなれしく言ってるけど、たまには「その呼称、それでいいのか?」と考えることにします(笑)。

ぽんすけ

●keroさん●

私は子どもやママに接する機会が日常なので、小さなお子さんに対して自分のことはいつの頃からか(30代半ば過ぎかなあ)「おばちゃん」と言うようになりました。
甥っ子たちからは、「○○ちゃん」って名前で呼ばれてる。
お母さんは、初めてだよ(笑)。
でも、ただショック、不愉快、っていう単純な気持ちじゃないんだよね。
ちょっとね、ポッ!ってとこもあるの(笑)。
もしかしたらよくわからないかもしれないけど、決して悪くない気分なのです。
オンナゴコロって微妙よねえ(笑)。
先日会った友達、とある事情で「30代」と詐称しなきゃならない場面があったらしく、「まだまだイケルよ!」とエールを送りあいました(笑)。