FC2ブログ

 ささやかな毎日。

獣医さんへ行く

0
今日から10月。9月最後は軽井沢への2泊出張で締めとなりました。この出張をもって、年内の泊りがけ出張はすべて終了。そういう意味でも、気持ちの上でも、ひと区切りを迎えるための大事な3日間となりました。一年って本当にあっという間ですね。途中、21回目の結婚記念日を迎えました。お互い仕事で離れ離れというのも、夫婦の歴史。
 
 午後6時、私が出張から店に戻ると、ダンナより「ウィルのかいかい(体を痒がる)がひどいんだよ」との報告。私が出張に出かける前々日に月末恒例のフィラリア&フロントライン処方と肛門腺絞りに行って、皮膚の状態も「大丈夫だね」と言われたばかりだったんですが、かいかいがひどく、発疹も目立つというので、出張から戻ってすぐ急遽獣医さんへ(「ぽんちゃんは出張で疲れているだろうから」と珍しくダンナがウィルを連れて獣医さんへでかけてくれたのですが、バカな私は後追って行きました・苦笑)。
診察中
今までもよく痒がり、軽い発疹もあったので、月末の定例通院の際に皮膚の具合はいつもチェックしてもらっていて、ここのところのウィルの発疹は細菌性のものなので、蒸れやすい夏場はシャンプーは最低でも1週間に一度、できれば2週間に3回くらいした方がいいということで、ここのところ、5日に1度くらいの割合でシャンプーして(犬のシャンプー頻度は2週間に一度くらいでよく、あまりしすぎはよくない、という意見もありますが、皮膚の具合を見て、シャンプーのせいで油っ気が抜けすぎてかさかさしてしまうようならもう少し頻度を下げるべきだけど、ウィルはかさかさにはならないので、5日に1度とか3日に1度でも大丈夫だそうです)、清潔を心がけていたのですが。発疹の方はそれほどひどくはないけれど、しょっちゅうカイカイしているということで辛そうなので、かゆみ止めのための軽めのステロイド2日分と抗生物質7日分を出してくれました。本当はあまり薬に頼りたくないけれど、辛い時は心強い味方。昨年湿疹に悩まされて以来、さんぽ仲間から「トラブルが多いなら、ごはん変えてみなよ。いいよ、これ」と教わった動物愛護先進国ドイツのボッシュの無添加フードをずっと食べているし、シャンプーも病院で買った殺菌作用のある薬用シャンプー「ノルバサン」を使用しています。私が出来る限りのケアをしてあげているんだけどなあ・・・。先生にも「アレルギー体質というか、ちょっと敏感な子なんだよね」と言われました。ほんと、デリケートちゃんなんだなあ。
 昨日はダンナが一緒に行ってくれたので、病院からの帰り道恒例の神社へお参り、いつも私とウィルだけなんだけど、久しぶりに家族揃ってできました。病院から戻って近所の居酒屋でダンナと一杯飲んで帰ってから、早速シャンプー。デリケートなところもウィルの個性と思ってます。疲れていても、ウィルのためならシャンプーなんてお茶の子さいさい、私にできるウィルへの愛情表現のひとつに思えて、楽しくシャンプーできてしまいます。私たちにとってはかけがえのない大事な子供、みたいなものなので。
昨日の夜から薬を飲ませたら、効果てき面、かいかいもほとんどなくなりました。よかったね。この調子で改善されるといいけれど。7日後、もう一回具合を診てもらおうね。
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.