FC2ブログ

 ささやかな毎日。

マダムギンザな昼下がり

2
おとといの水曜日は休日。午前中は病院に退院後検診(無事クリア。湯船につかること、走ること、重いものを持ち上げることなど、ほぼ日常生活の制限がなくなった。まあ、湯船以外はなんとなくやってしまっていたけど。今月もう一度病院に行く予定)、1時に銀座で友達と待ち合わせ。友達が「アンケートに答えるかなんかで当たったの」と、コンサートに誘ってくれたのでした。

銀座 王子ホール・銀座ぶらっとコンサート#59
「宮本益光の王子な午後12」~さくらに寄す~


プログラム
 日本古謡:さくらさくら
 中田章/吉丸一昌:早春賦
 中田喜直/加藤周一:さくら横ちょう
 中田喜直/ゆく春
 シューベルト/ウーラント:春の想い
 メンデルスゾーン/ウーラント:春の想い
 加藤昌則/宮本益光:桜つぼみ
 加藤昌則/高橋啓介:さくら
 ヤナーチェク/宮本益光 訳詞:「利口なメギツネの物語」より
                 やっぱりだ、こりゃ見事なキノコ
 加藤昌則/宮本益光:桜の背丈を追い越して
 (アンコール 加藤昌則/宮本益光:もしも歌がなかったら)
 
 出演
 宮本 益光(バリトン) 
 加藤 昌則(ピアノ)

平日の昼下がりにぴったりのコンサートでした。前半の日本の歌は、やはり男声ではなく女声で聴く方がぴったりくるかなあ、ちょっとこっぱずかしいかなあなんて思いながらでした。シューベルト、メンデルスゾーンに来て、ようやく落ち着きました。とても良かったのは本日のピアニスト、作曲家でもある加藤昌則さんの曲でした。叙情的でとてもあたたかい曲調は、こころのひだに深くなじむのです。最後の曲、宮本さんが万感の思いを込めて歌った「桜の背丈を追い越して」を聴きながら、ほろっときました。友達も泣いてました。今年は特に、春が来ることの喜び、桜への想い、歌う人、弾く人、聴く人それぞれにこみ上げるものがあると思います。アンコールの「もしも歌がなかったら」の歌詞そのままに、音楽、そして詞に、あふれる力を感じました。
おまけのティーセット
ヨックモックが協賛だったので、お楽しみ付き。店頭では見かけない(追記:売ってました)シガールのカフェオレ味とコーヒーや紅茶のサービスがあったのも、かなりうれしい。

コンサートの後はオサレな文化に詳しい友達がチェックしておいてくれた某所にて、しっとり???(←ウソ・笑)ちょっとマダムチックなティータイムを楽しみました。
いらっしゃい

ナイショの場所
おいしかった~、たのしかった~。年取って、ようやく銀座がちょっと楽しめるようになりました(笑)。

銀座
午前中は8時には病院に行ったのですが、病棟で妊婦さん急変で先生が外来に降りてこられず、かなり待たされて、待ち合わせギリギリで肝を冷やしましたが、今やすでに懐かしい病院に行って懐かしい先生に会って、ヒキガエルのランデヴーに声援送って、音楽聴いてほっとあったかくなって、おいしいお茶とおしゃべりして、おかげさまで楽しい一日となりました。
スポンサーサイト



2 Comments

There are no comments yet.

ルナまま

銀座、かえる

前記事のかえる!いいですねえv-237近頃、ファミレスには必ず鈴のカエルさんが売られてます。
生き物は皆、生きることに忠実ですねv-535エライ!!
 銀座は若い時よりも落ち着けるステキなところがありますね。幼少期にお上りさんで各都市、デパートをハシゴしたことが恥ずかしく、もうそんな体力も気合いもなくなりました。だからこそ、楽しめる、休める所なのかもしれません。
私はお風呂好きで本とか読んでねちゃったりしてしまう危険な時期がありましたが、今は熱い風呂、長風呂禁止の身体です。悔しいけどしょうがないですね。
 なんとか春を迎えましょう!!

ぽんすけ

●ルナままさん●

いいでしょ~、いいでしょ~、カエルの楽園!!
ここ数年、毎年この日が来るのを心待ちにしていて、見られた年は本当に幸せを感じます。
>生き物は皆、生きることに忠実ですね、エライ!!
本当に。さんぽで出会う小さな生き物や草花にはいつもいつも元気をもらいます。
「がんばれ~」ってカエルに声援を送りながら、実は自分に言っているのかもしれません。
銀座。
私の普段の生活からはあまりにかけ離れた場所なんですが、やっぱり特別なムードがありますね。
東京人にとってもハレの場所、特別な街ですから、上京時にハシゴするのは恥ずかしいことでもなんでもないですよ~。
たまにはいいですね~、ギンザマダムになった気分になるのは(笑)。
私は以前よく長風呂して湯当たりなのか貧血なのか起こして、庭の湯でも一度裸のまましばらくロッカー室の片隅で寝かせてもらったという恥ずかしい経験があります(それ以外の温泉でも、同じようなことが2~3度ありました・笑)。
自分の体をよく知って、いくら好きでもほどほどにせねばなりませんね。
と言っても、最近はウィル連れなので、温泉に行くこともなくなってしまいました~。