FC2ブログ

 ささやかな毎日。

読んだ本

0
10日間の入院中、テレビはほとんど見ず(唯一見たのは、向かいのベッドのNさんに教えてもらった真央ちゃんのスケート)、ベッドの上の暇つぶしは本でした。

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

「あと8年で地球が滅亡する」と宣言されたら・・・という仮定の群像小説。そんな仮定に立って、毎日を見るのも新鮮。


晴太郎―3本足の天使晴太郎―3本足の天使
(2008/06)
柴田 理恵

商品詳細を見る

先日、獣医さんでバッタリ会った柴田夫妻と3本足の愛犬晴太郎くんのことを知りたくて読みました。晴太郎くんは自分が与えてもらった以上の幸せを柴田家にもたらしました。本当に天使です。


此処彼処 (新潮文庫)此処彼処 (新潮文庫)
(2009/08/28)
川上 弘美

商品詳細を見る

川上さんの感覚が好きです。


贖罪 (ミステリ・フロンティア)贖罪 (ミステリ・フロンティア)
(2009/06/11)
湊 かなえ

商品詳細を見る

「告白」「夜行観覧車」を読んで、手にした本書。「告白」を超える衝撃はなく、ちょっとマンネリ。「ありえない」満載。


蜩ノ記蜩ノ記
(2011/10/26)
葉室 麟

商品詳細を見る

直木賞受賞作。久しぶりの時代小説。静かで端正で美しい。読んでよかった。この人の別の作品も読みたい(さっそく借りました)。


共喰い共喰い
(2012/01/27)
田中 慎弥

商品詳細を見る

話題の芥川賞受賞作。ドブのにおい、貧しい田舎町、閉塞感、エログロか?でも読後感はいいのです。大雨のクライマックスは圧巻の描写。もう一篇収録されている小説はまるでお口直しのデザートのようなやさしさ。


鴨川ホルモー (角川文庫)鴨川ホルモー (角川文庫)
(2009/02/25)
万城目 学

商品詳細を見る

ベッドの上で笑いをこらえるのが大変で、隣のベッドのSさんに「突然笑っても気にしないでね」と言いながら。こんな青春、過ごしたい。


ミドリさんとカラクリ屋敷ミドリさんとカラクリ屋敷
(2011/05/26)
鈴木 遥

商品詳細を見る

こんなオバアチャンになりたい。

ルナままさんのシナリオ草案も読みました!

普段こんなにまとめて読書の時間は取れないので、とてもいい機会でした。
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.