FC2ブログ

 ささやかな毎日。

行ってきます!

4
いってきます!
先日の節分で鬼を追っ払ったばかりですが、ちょっくら病院で体の中の「鬼退治」してきます~。
病名、「頭が変」(日曜日の古伊万里三兄弟参照)・・・じゃなくて、子宮筋腫です。実は30代半ばだった10年前にも一度、筋腫を取る手術をしたのですが、体質なんでしょう、再発。去年は症状が酷くなり、だいぶ困らされました。薬で症状をコントロールができれば、と先生から勧められて薬(いわゆるピル)を種類も変えて試しましたが、私の場合は全然効かず(私は効きませんでしたが、薬で症状が軽減する方もたくさんいるので、筋腫の症状で悩んでいる方は抱え込まずお医者さんに相談すべきですよ!)、仕事が一段落するこの時期に手術で治すことになりました。

四捨五入するとすでに50歳のワタクシ、子どもを持つことは既に諦めているので、今回は子宮ごととることを選択しました。辛かった大量の出血もなくなり、外出先でトイレに行けずドキドキヒヤヒヤすることもなくなる。それに加えて、子宮がんの心配もなくなる。二つある卵巣のうち、術前検査のMRI画像を見ると一つは膿腫の可能性があって、開いてみた時にも取るべきと先生が判断すれば取るかもしれないのですが、ひとつは確実に元気なので、ホルモン的には当面今までと変わらない。お医者さんは「手術それ自体が一番のマイナスで、それ以外のマイナスはない」と言い切ってらっしゃるので、迷いはありません。こうなればもう、まな板の上の鯉。後は、模範的な患者を目指すのみかな。

デリケートな臓器でもあり、ダンナは「そこまでオープンに書かなくてもいいんじゃない?」と言いましたが、これも私の歩みとして書くほうが自然かなと思いました。同じ病気で悩んでいる人のためにも、隠さなくていいと思いました。
 
入院スケジュールを見ると、10年前より術後の日常への復帰計画のテンポが速くなっている気がします。シャワーなんて、創の具合をみて、順調なら手術二日後にはシャワーを浴びられる。びっくり。前回の手術でつくづくびっくりしたけど、手厚い完全看護の中では、本当に「日に日に」自分が回復していく実感に日々驚きました。体ってすごいなあと思った(否、医学がすごいのだ)。
 
そんなわけで、行ってきます。本日入院で明日手術、10日間入院の予定です。10年前の手術の時は、今の仕事ではなく、まったく別の仕事のアルバイト(と、今の仕事にも足をつっこんでいた)だったけれど、この仕事に就いてからこんなに長く休むのは初めてなので色々不安が。入院前に片付けておかなきゃならない仕事も、私のダンドリが悪かったりで(年が明けたらあっという間だったので)結局バタバタでした。でもダンナが入院じゃなくて私でよかった。人の具合はわからないし、残される身になるのはとても辛い。残されるパパに負担がかからないように、できることは直前までがんばったけど、でも、ごめんよ、パパ。「健康は生活の基盤だ」と、リスクが増大し始めるこの年になるとつくづく恐怖を感じる。ウィルとこんなに離れることも初めてだ。それが一番さみしい。
 
それでは、また!!心配しないでね~!!どうか大きな地震が起きませんように(こっちは安全な病院だからいいけど、家人が心配だ)。ファイト~、いっぱ~つ!!
スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.

kero

まってるよー

今日入院、翌日手術というスケジュールにびっくりですよ・・・
夜中にPC開いたからわかったけど、普通に朝開いたらもう手術当日なのかって。
とにかく、やることはがんばってやったんだし、あとはもうじたばたしないで、
ゆっくり回復につとめてください。メールじゃなくココに書くのは親心ってことで(笑)

おかえりを、待ってますよ。
ウィル君と離れるのが一番悲しそうで、だんなさまがすねますよ(笑)
ウィル君、がんばってお留守番するのだぞ!!

ほのかえる

No title

ぽんすけさん、まずはお体を第一に考えて行ってきてください〜!
って、私に言われなくてもお分かりだと思いますが(^^;)
ウィル、ちゃんとお留守番できると思います♪
10日間は長いようで、きっとあっという間ですよ〜
私もぽんすけさんのおかえりを待ってますね!
いってらっしゃい!

ぽんすけ

●keroさん●

無事カエル~!!
先ほど、退院して参りました~!!
行く前に「模範的な患者を目指す」と言ったとおり、「脅威的回復」と先生に言わしめました(笑)。
応援ありがとう!!
新しくなったぽんすけ、また毎日がんばるわ~!!
手術と入院の毎日は、10年前からずっと進歩していました。
ダンナからは「(私から)また文句言われる毎日が始まるねえ」と言われたわ(笑)。
そう、私もまたカッカする毎日が始まるわ(笑)。
それでもそんな毎日が一番幸せなんだ、と本当に本当に身にしみて感じてます。
ウィルとは先ほど感動の再会を果たしました(笑)。

ぽんすけ

●ほのかえるさん●

応援ありがとうございました!!
カエル効果で無事退院しました(笑)。
カエルのポーチ、先生から「すごくいいね、これ」と褒められました(笑)。
10日間、とても異常な毎日でしたが、色々な人々に支えられ、とても愛おしい10日間となりました。
ダンナの話によると、ママっ子だったウィルは私が帰らないと悟ると、すっかりパパっ子に寝返って、私を落胆させておりましたが、戻ると全身で「おかえり~!おかえり~!!」と言ってくれました。
さんぽは「しばらくはあなたがペースを合わせてもらう立場だから、リードはご主人に任せて、付き添いで」と言われ、しょげましたが、言いつけを守って、早く私がリードを持ってさんぽできるようになりたいです。
毎夜のウィルの「おふとん入れて~」攻撃で寝不足のダンナ、私の偉大さ?がわかったそうです(笑)。
今日はウィルを抱いて眠れると思うと、うれしくてうれしくて(笑)。