無事迎えた2017年

2017/01/12
激走師走。
年内の仕事が終わると燃え尽きてしまい、こんなで年神様お迎えできるかな?もうなるようにしかならん。できなくても、罰は当たるまい・・・と思っていたけれど・・・

結果、どうしてもなところだけのなんちゃって大掃除して、おせちも作ってしまった。

これがきっといわゆる年の功(#^.^#) 

20170101今年のおせち

20170101おせち

20170101お雑煮

去年はダンナが元日早々インフルエンザになって、せっかく作ったおせちもすすまなかったけれど、今年はいい感じに無事完売。

自分で作ったのは黒豆、パイナップルきんとん、なます、だし巻き卵(だて巻きの予定ではんぺんも買ってあったのだが、甘いものばかりかな?と変更)、ミートローフ、買った蒲鉾。
今年の初試みは、ミートローフ。
隣のおばちゃんがおせちに加えて作っていた記憶、とてもおいしくて、いつかわが家も、と思っていたものです。
うむ、これは定番化決定です。
作ろうと思っていたけれど力尽きて作るのやめた筑前煮、鮭の昆布巻き(大好きだけど面倒でまだ作ったことがない)、ブロッコリーの天ぷら、豚肉の竜田揚げ(私の実家のおせちの代表的肉料理)は母の差し入れ。
やっぱりおいしい。母にはかないません。
手前のお寿司は、ダンナが近所のお寺で除夜の鐘の年越しのお手伝いをして、そのおみやげです。

お雑煮は鶏肉、小松菜、里芋、大根、にんじん、柚子、なると。

8月以来の連続休暇(零細自営業に土日はなく・・・)、正月は毎日朝から飲んで、食べて、寝て、脱力しました。

年末から甥っ子たちが来ていたけれど、大きくなって、下の子も声変わりしてて、びっくり。お兄ちゃんは高校1年、小学校から鍛え続け、現在も高校球児として活躍しています。弟は中学2年、得意科目は母親(=妹)に似て英語だそうです。

まあここには書けないこともいろいろとありましたが、とにもかくにも家族が無事にお正月を迎えられて、よかったです。

あっという間に正月休みも終わり、あれからもう半月近く経つってどんだけ・・・。
comment (2) @ 日々のことやウィルのこと

覚書(最近読んだ本で好きな本)

2017/01/12
福も来た―パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-6)福も来た―パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-6)
群 ようこ

角川春樹事務所 2016-07
売り上げランキング : 5548

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


優しい言葉―パンとスープとネコ日和優しい言葉―パンとスープとネコ日和
群 ようこ

角川春樹事務所 2015-12
売り上げランキング : 16679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


つるとはなつるとはな
つるとはな編集部 岡戸絹枝

つるとはな 2014-10-24
売り上げランキング : 11513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その島のひとたちは、ひとの話をきかない――精神科医、「自殺希少地域」を行く――その島のひとたちは、ひとの話をきかない――精神科医、「自殺希少地域」を行く――
森川すいめい

青土社 2016-06-24
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある
岡 檀

講談社 2013-07-23
売り上げランキング : 777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息詰まって、癒しを求めてる私が出てる(爆)。でも、自殺したいなんて思ってませんから、ご安心を。生きやすさやいごこちのよい人間関係のヒントが満載で、とてもいい本でした。パンとスープとネコ日和の連作、こちらはフィクションだし、描き方はまるで違いますが、通底するものは前者のルポとまったく同じと思います。

思えば去年の正月は、年末に読んだ馳星周の「ソウルメイト2」から寄り道して馳星周の代表作「不夜城」を読んで、ダンナは正月だというのにウンウンうなって寝ているし、思いきりこの世の果て感、どんより暗くなったことをよく覚えております。今年は読後感がよい本ばかりでした。
comment (0) @ 本

師走

2016/12/09
前回書いてから1か月経ってしまいました。

20161123二の酉

20161123花園神社酉の市参詣の列

20161123熊手盛ってもらってます

20161203残念な試合

合間のイベントでした。

ああ、師走です~。

2016年末の夜
ウィルと寝て、しのいでます。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

覚書・最近読んだ本(好きな本)

2016/12/09
パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)
群 ようこ

角川春樹事務所 2013-07-13
売り上げランキング : 8616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


須賀敦子の手紙 1975―1997年 友人への55通須賀敦子の手紙 1975―1997年 友人への55通
須賀 敦子 松家 仁之

つるとはな 2016-05-28
売り上げランキング : 23585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

秋深まる

2016/11/10
20161108赤い実

20161108秋バラの庭

20161108ピンクのバラ

20161108アケボノスギ

20161108十月桜

20161108桜の葉

20161108プラタナス並木

20161108ツワブキ

あたたかなセーターを着こむ朝。ふわふわの冬布団にくるまって眠りに落ちる幸せ。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

9歳になりました

2016/10/21
10月18日、ウィルは9歳になりました(^―^)
20161019これからも元気でいようね

なのに、ママったら忘れてた・・・(-_-;)

・・・その日も一日疲れて疲れて、店閉めてから出がらしの茶がらの風体でよれよれとウィルとよるさんに。
さんぽ仲間と会って挨拶。
「で、ウィルは今日で何歳になった?」って聞かれ、
「え?今日まだ18日じゃないよね・・・え?・・・あっっ・・・!!!(◎_◎;)・・・」。

なんで母の私が忘れて、ワン友が覚えているんか?
聞くと、「娘の誕生日が今日だから、ウィルのことも覚えてるのよ」とのこと。
親たるもの、そうですよね・・・。

忙しかったとは言え、ウィル、本当に本当にごめん!!
でも、プレゼントはちゃんと用意してたんだよ~。

9年くらい前、どこかで生まれたウィル。
三太が亡くなって泣いてばかりの私たちがウィルに出会えたこと、うちに来てくれたこと、ありがとう。

今年も元気で!!明るく我が家を照らしておくれ。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

おかえり~!!

2016/10/16
パパが泊まりの仕事から帰ってきた~!
20161014おかえり1

20161014おかえり2
おかえり!!おかえり~!!熱烈歓迎~!!

忙しい日々が続いていますが、天真爛漫なウィルが一番の応援隊です(^―^)

comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

ぶどうのコンポート

2016/10/08
20161008ぶどうのコンポート

20161008ぶどうのコンポート2
いただいたとても甘くて美味しいぶどう。生のまま存分堪能して、まだ余るので、昨日寝る前コンポートを作ってみた。 
ルビー色がきれい。たくさんいただいたからできる贅沢でした。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

はな子てぬぐい・長雨のあと・ハクビシン

2016/09/25
井の頭自然文化園に行ったダンナのおみやげのはな子てぬぐい(かまわぬ製)
はな子てぬぐい
今週は私が行く予定。はな子さんのいない井の頭の動物園、まだ慣れないだろうナ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。

来る日も来る日も雨・雨・雨でしたが、今日はようやく待望の晴れ間が!!

(9月23日の朝撮影のベランダ)
20160923朝
あまりよく降るので、2~3日前から雨水がたまるようにバケツを置いておいたら・・・
2016092318リットル

20160923溢れていました
18リットルのバケツも、その半分くらいの白いバケツも、おまけにじょうろまで、溢れるほど溜まりました。植木の水に使えますね(あれだけ降ればまだ少なくとも2~3日は水やりの必要もなさそうですが・・・)。
これらの写真を撮ったおとといの朝には気づかなかったし、写真にも見当たらないけれど(追記:後で、写真を細密に調べたら、既にちょっと生えていました)、昨日の朝には、とうとうウッドパネルの端っこに黄色いキノコまで生えていました(追記:一日ではっきり成長してます)!! 正体はキクラゲの仲間のツノマタタケと判明。 長雨、恐るべし。秋晴れ、バンザイ!!

そうだ!うちのダンナがおとといの飲み会帰り、うちの横を通るハクビシンを見たそうです。ダンナは初遭遇。興奮気味に電話くれました(うちの前から・笑)
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

高原は秋の気配

2016/09/20
20160914すすきと秋桜

20160915秋の店先

20160915ななかまどの赤い実

20160915ツリバナ2
一足先にオータムカラーに衣替え中でした(^―^)
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

覚え書き・最近読んだ本(好きな本)

2016/09/20
4874604838小さな森の家―軽井沢山荘物語
吉村 順三 さとう つねお
建築資料研究社 1996-04

by G-Tools

出張中、宿泊施設の資料室で発見。かねてからチェックしていた本だったので、小躍り。
理想の暮らし。 見るだけ、妄想だけでも、幸せ(^―^)
comment (0) @ 本

今年も無事・・・

2016/09/19
秋のお祭り終了。
20160918神輿
先月から準備も佳境になり、ダンナが行くはずだった祭り直前の泊り出張は、私にお鉢が回ってきて。
「本業より地域優先」な時期に、実は毎年フクザツです・・・。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

某日、また1歳、年をとる

2016/09/17
ありがと
変わらぬ一日でしたが、珍しく父からうれしい言葉をかけてもらいました。
「ゴールデンエイジ、おめでとう」

私のからだの中に、またひとつ、年輪が刻まれているのかな。 

いい一年になりますように。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

「今、読んでるから。」

2016/09/06
読みかけの新聞(前夜の夕刊)置いて、ちょっと立ち仕事して戻ったら・・・
20160903今読んでるから
あらま、絶妙な位置にお座りで・・・(^―^)

comment (2) @ 日々のことやウィルのこと

没後20年 特別展 星野道夫の旅・昭和の匂いさんぽ

2016/09/01
松屋銀座で開催中の「没後20年 特別展 星野道夫の旅」展を見てきました。彼の展覧会を見るのは1998年、同じ松屋で開かれた「星野道夫の世界」展以来だと思います。 行って良かった。また観てきて本当に良かった。 

会場にあった星野道夫の言葉もじわり。

「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは天と地の差ほど大きい。」


8月24日から9月5日までと会期が短いのですが、気にかかっている人は是非。

珍しく銀座に出るので、ちょっと足を延ばして築地本願寺を参拝して、ちょうど話題の築地(場外)に初めて行きました。独特の雰囲気、空気、賑わい、圧倒されました。いろんなお店があって、いろんなものが並んでいて、楽しかった。もう80を越しているだろうおばあちゃんやおじいちゃんが元気に働いていて、すごくかっこよかった。波除という神社や通りの名前に地形の名残を感じたり。お昼はお手頃な値段の海鮮丼とあおさの味噌汁、焼きたてほかほかの玉子焼き、食べました(^―^)

その後、電車にのって、谷中に行きました。日暮里の駅を降り南口へ。賑やかなところと思いきや、昭和の匂いが残る町並みに普通の暮らしがあって、意外に静かで、空が広くて、時間の流れ方が緩やかに感じられる町でした。晩夏を惜しむように賑やかに鳴く蝉時雨の中、谷中霊園の中の桜並木を歩いて、上野桜木へ。カヤバ珈琲を目指していたのですが、残念ながら混んでいたので、たまたま途中で見つけていた古民家を改装した趣のある佇まいの谷中ビアホールへ。コーヒーがビールに化けるのは、私らしいです(^^ゞ 幸運にもお客さんが少なくてとても居心地がよく、オリジナルの谷中ビールも香りも色も良くておいしかったです。
 ちょうど夕焼けの時間に夕焼けだんだんでお決まりの写真を撮って、行ってみたかった生活道具の店をのぞいて、谷中ぎんざでこれまたお決まりのメンチ買い食い。八百屋さんで桃とナスを買いました。

8月最後の日。二度とないこの日、っていう気分になっちゃって。たくさん観て、たくさん歩いて、たくさん楽しみました。

9月です。また、がんばりましょう。

20160831谷中ビアホール
comment (3) @ 日々のことやウィルのこと