FC2ブログ

子どもたちの力

2013/03/31
今月は2回、躍動感溢れる子どもたちの音楽パワーのシャワーを浴びました。

木曜日の夜、N響コンマスのまろ様こと篠崎史紀さんが総監督をつとめる東京ジュニアオーケストラソサエティの春の演奏会のお誘いをいただき、聴きに行ってきました。

東京ジュニアオーケストラソサエティ 春の演奏会(於;国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール)

シューベルト:劇音楽「ロザムンデ」序曲
ハイドン:チェロ協奏曲第2番二長調
   ~休憩~
シューマン:交響曲第1番変ロ長調作品38「春」

アンコール アンダーソン:フィドル・ファドル

指揮:小野富士(東京ジュニアオーケストラソサエティ音楽監督/N響ヴィオラ・フォアシュピーラー)
チェロ:向山佳絵子

当初指揮&チェロは東京ジュニアオーケストラソサエティ音楽監督でN響チェロ・フォアシュピーラーの桑田歩さんだったのですが、急病で急遽の出演者変更でした。

楽団員は小学3年生~大学生まで(ほかに賛助団員なども出演)、中心は中高生でしょうか?子供だからとあなどれません。大人顔負け、さすがに皆うまい!若々しい演奏は、まさに春の芽吹きのようです。これからますます研鑽を重ねていくのでしょうね。

アフターコンサートもたっぷり楽しみましたヾ(@^▽^@)ノ

もう一回は私の母校の小学校のブラスバンド部のスプリングコンサート。今年で5回目のコンサートだけれど、大学時代トランペットを専攻していた若い熱血先生(女性です!)が、熱くぐいぐいと子どもたちの能力を開花させ、あっという間に驚きの大成長を遂げました。先生の指導は、子どもにも手を抜かない。すごい迫力です。先生の大学の恩師がプロのクラリネットジャズプレイヤーということで、恩師の日頃の「仕事仲間」もゲストとして毎年参加、第二部は体育館がジャズライブハウスになります(笑)。そして圧巻は第三部の全員参加のシング・シング・シング。映画「スィング・ガールズ」を地で行く演奏はノリノリです。全員がまさにエンターテイナー、かっこいいですよ~!音楽の力、子どもの力、先生の力!毎度感動します。
スポンサーサイト
comment (0) @ 音楽
定食屋ぽんすけ | お墓参りとお楽しみ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する