FC2ブログ

12挺のチェロ

2013/02/07
チェロの数え方は1挺、2挺・・・(いっちょう、にちょう・・・)なのか・・・と書くにあたって、知りました。

昨日の夜は久しぶりのコンサート。

JTアートホール室内楽シリーズ・特別コンサート・室内楽のススメⅣ
~ミラクル・チェロ・アンサンブル~
(於:JTアートホール 20:00開演)

出演(チェロ)
菊池知也、桑田歩、斎藤千尋、田中雅弘、銅銀久弥、長谷部一郎、藤森亮一、古川展生、向山佳絵子、山内俊輔、山本裕康、山本祐ノ介

プログラム
 P.カザルス            サルダーナ
 P.カザルス           東方の三賢人
 J.フランセ            オーバード
 L.アンダーソン(川島素晴編)タイプライター
 L.アンダーソン(川島素晴編)ワルツィング・キャット
 L.アンダーソン(川島素晴編)サンドペーパー・バレエ
 L.アンダーソン(川島素晴編)シンコペーテッド・クロック
 L.アンダーソン(川島素晴編)そりすべり

アンコール
 アメージング・グレイス
 P.カザルス         鳥の歌 

1時間ちょいの気軽なコンサートだけれど、中身は濃い!!どれも皆聴きやすい曲ばかりだけど、特にフランセのバラエティーに富んだ6楽章から成る「オーバード」(オーバードとは「一夜を過ごした恋人たちが夜明けの別れの際に交わす歌、またはその妖艶な情景をうたった詩のことだそうです)とカザルスの静かな祈りの歌「東方の三賢人」がお気に入りです(どっちも初めて聴きました)。アンダーソンの曲はチェロ弾きの皆さんがパーカッションにトライ、さらには犬の吠え声、馬のいななきまでご披露(このふたつは山本祐ノ介さん。チェロに詳しい同行の友人から彼が指揮者・故山本直純さんのご子息と聞いて、納得。あのエンターテイナーぶりは父親譲りですね・笑)!客席の喝采を浴びておりました(笑)。
チェロの音色を思い切り深呼吸した一夜でした。

アフターコンサートのビストロで、日本語堪能なスリランカ人の若いウェイターさんがおもろかったです(笑)。
スポンサーサイト



comment (2) @ 音楽
大吉!!ビッグサプライズの○○○雛 | 2013年節分会

comment

No title : ふくpi・おふう @-
昨日は楽しかったね。
チェロ12本は表現の幅広いアンサンブルで、楽しめます。
ワルツィング・キャットが面白かった。ヴァイオリンだと子猫みたいだけど、チェロで弾くと、高い声低い声が織り合わさって生き生きとしたネコっぽい。
2013/02/07 Thu 21:57:15 URL
●ふくpi・おふうさん● : ぽんすけ @JAcZU9cg
ほんと、楽しかった!!
あれだけの幅が楽しめるって、チェロという楽器の奥の深さだね(ヴァイオリンだけだとああはいかないよね)。
チェロの数え方、素直に12本でいいのか。
また是非!!
2013/02/08 Fri 09:54:32 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する