「20センチ」の幸せ

2017/04/18
長らく愛用のフライパンのサイズは24~26センチだったが、続く弁当生活をより快適にしたく、新たに20センチのフライパンを買った(←近所のスーパーのフライパン全品3割引きセールで1,345円でゲット)。

ちんまりとして、取り回しのよい大きさは予想以上に快適で、なんでもっと早く買わなかったのだろうか、と後悔するほど。

使いやすい~。小さくてかわいい~。うれしい~。ルンルン♪

幸せ~(安いよなあ、私って)。

近頃、ますます小さきものに愛着を覚えるぽんすけです。

20センチの小確幸(^―^)
スポンサーサイト
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

覚書・最近読んだ本(おもしろかった本)

2017/04/16
ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)
津村 記久子

集英社 2014-06-25
売り上げランキング : 89129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
吉田 篤弘

中央公論新社 2009-09
売り上げランキング : 19746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
平野 啓一郎

講談社 2012-09-14
売り上げランキング : 5754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

桜びより

2017/04/08
久しぶりの休み。いつものさんぽみちの桜をじっくり。
20170405桜と

20170405ソメイヨシノ

20170405ニラバナとウィル

20170405石垣の上から

20170405お寺の桜と

今年は桜が少し変でしたね。咲き始めから満開まで時間がすごくゆっくりだっただけではなく、同じ近所でも咲き具合がかなり違いました。蕾のまま咲かずに終わりそう(先に葉っぱが出てる)樹も。

この日は夜、映画を観に行きました。翌日から始まるわが家にとっての新年度に向け、夫婦一致団結心をひとつにできれば、と思って (n*´ω`*n) 
comment (4) @ 日々のことやウィルのこと

16匹

2017/04/01
20170322めだか
夏にベランダの睡蓮鉢の6匹のめだか(楊貴妃めだか)が卵を産み、食べられちゃわないように隔離して孵化しためだか。すっかりおとなになりました。いつも14~15匹までは数えられるのですが、泳ぐめだかを数えるのは苦手で。この写真撮って、わかりました。少なくとも16匹はいるようです。
ある程度育って体力がつくまで暑い外には出せないなあ・・・と思っているうちに寒くなり、結局そのまま(100円ショップで稚魚用に買った300円プラ水槽のまま)、居間にいます。16匹には狭いし、忙しい時は水替え&掃除もサボり、水槽も水も濃い緑色になってしまいメダカの姿さえ見えなくなったりと、放置状態が多いのですが、生まれてからまだ亡骸を1匹も見ていません。強いですねえ。
こんな貧弱でも居間に水槽があると、居ながらにして泳ぐメダカの姿を見られて、いいです。窓辺に置いてあるので、太陽の光がよく当たって、水草からプクプクと酸素がわいてくるのを見るのも、ボケっと眺め甲斐があります。

ちなみにベランダの睡蓮鉢の親世代は一匹、また一匹、と星になり、冬を迎える頃には1匹となりました。やはり、外の世界は過酷なようです。冬の間、底の方でじっとしていて毎度「死んでるのか?」と思いますが、この1匹は生きのびています。あたたかくなったら、また仲間を入れようと思います。
comment (2) @ 日々のことやウィルのこと

さんぽみちのあしもと

2017/03/09
ダンナの実家に行かずとも・・・
20170308つくし

20170308J寺のふきのとう
ウィルと歩くいつものさんぽみちでも、つくしやふきのとうが。
つくしのあしもとの土を覆う草たちも、春の色あい。

20170308J寺のニラバナ
春の明るい光に、ニラバナがうれしそうでした。

年度末で、七転八倒です。

これを書いたら、また仕事にとりかかろう。
あと一息!いや、まだまだ・・・  
どっちにもとれる心内です。

がんばっていきまっしょい。


comment (2) @ 日々のことやウィルのこと