「20センチ」の幸せ

2017/04/18
長らく愛用のフライパンのサイズは24~26センチだったが、続く弁当生活をより快適にしたく、新たに20センチのフライパンを買った(←近所のスーパーのフライパン全品3割引きセールで1,345円でゲット)。

ちんまりとして、取り回しのよい大きさは予想以上に快適で、なんでもっと早く買わなかったのだろうか、と後悔するほど。

使いやすい~。小さくてかわいい~。うれしい~。ルンルン♪

幸せ~(安いよなあ、私って)。

近頃、ますます小さきものに愛着を覚えるぽんすけです。

20センチの小確幸(^―^)
スポンサーサイト
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

覚書・最近読んだ本(おもしろかった本)

2017/04/16
ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)
津村 記久子

集英社 2014-06-25
売り上げランキング : 89129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
吉田 篤弘

中央公論新社 2009-09
売り上げランキング : 19746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
平野 啓一郎

講談社 2012-09-14
売り上げランキング : 5754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

桜びより

2017/04/08
久しぶりの休み。いつものさんぽみちの桜をじっくり。
20170405桜と

20170405ソメイヨシノ

20170405ニラバナとウィル

20170405石垣の上から

20170405お寺の桜と

今年は桜が少し変でしたね。咲き始めから満開まで時間がすごくゆっくりだっただけではなく、同じ近所でも咲き具合がかなり違いました。蕾のまま咲かずに終わりそう(先に葉っぱが出てる)樹も。

この日は夜、映画を観に行きました。翌日から始まるわが家にとっての新年度に向け、夫婦一致団結心をひとつにできれば、と思って (n*´ω`*n) 
comment (4) @ 日々のことやウィルのこと

16匹

2017/04/01
20170322めだか
夏にベランダの睡蓮鉢の6匹のめだか(楊貴妃めだか)が卵を産み、食べられちゃわないように隔離して孵化しためだか。すっかりおとなになりました。いつも14~15匹までは数えられるのですが、泳ぐめだかを数えるのは苦手で。この写真撮って、わかりました。少なくとも16匹はいるようです。
ある程度育って体力がつくまで暑い外には出せないなあ・・・と思っているうちに寒くなり、結局そのまま(100円ショップで稚魚用に買った300円プラ水槽のまま)、居間にいます。16匹には狭いし、忙しい時は水替え&掃除もサボり、水槽も水も濃い緑色になってしまいメダカの姿さえ見えなくなったりと、放置状態が多いのですが、生まれてからまだ亡骸を1匹も見ていません。強いですねえ。
こんな貧弱でも居間に水槽があると、居ながらにして泳ぐメダカの姿を見られて、いいです。窓辺に置いてあるので、太陽の光がよく当たって、水草からプクプクと酸素がわいてくるのを見るのも、ボケっと眺め甲斐があります。

ちなみにベランダの睡蓮鉢の親世代は一匹、また一匹、と星になり、冬を迎える頃には1匹となりました。やはり、外の世界は過酷なようです。冬の間、底の方でじっとしていて毎度「死んでるのか?」と思いますが、この1匹は生きのびています。あたたかくなったら、また仲間を入れようと思います。
comment (2) @ 日々のことやウィルのこと

覚書・最近読んだ本(好きな本)

2017/03/31
れんげ荘 (ハルキ文庫 む 2-3)れんげ荘 (ハルキ文庫 む 2-3)
群 ようこ

角川春樹事務所 2011-05-15
売り上げランキング : 17812

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


働かないの―れんげ荘物語 (ハルキ文庫)働かないの―れんげ荘物語 (ハルキ文庫)
群 ようこ

角川春樹事務所 2015-08-07
売り上げランキング : 9190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マチネの終わりにマチネの終わりに
平野 啓一郎

毎日新聞出版 2016-04-09
売り上げランキング : 798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


くよくよマネジメントくよくよマネジメント
津村記久子 森下えみこ

清流出版 2016-05-19
売り上げランキング : 130606

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



comment (0) @ 本

さんぽみちのあしもと

2017/03/09
ダンナの実家に行かずとも・・・
20170308つくし

20170308J寺のふきのとう
ウィルと歩くいつものさんぽみちでも、つくしやふきのとうが。
つくしのあしもとの土を覆う草たちも、春の色あい。

20170308J寺のニラバナ
春の明るい光に、ニラバナがうれしそうでした。

年度末で、七転八倒です。

これを書いたら、また仕事にとりかかろう。
あと一息!いや、まだまだ・・・  
どっちにもとれる心内です。

がんばっていきまっしょい。


comment (2) @ 日々のことやウィルのこと

啓蟄

2017/03/05
暦どおり、コートがいらないくらい暖かくなりました。

今朝のお寺の池では・・・
20170305お寺のおたまじゃくし
2月の寒さに負けずに、アカガエルのおたまじゃくしが孵っていました(^―^)
期待していたヒキガエルの卵はまだ見当たらず。
ウィルとさんぽ途中では、すでに2月にヒキガエルの残念な姿( ノД`)第一号を見かけてしまいました。な~む~。

お隣さんの椿には・・・
20170228巣ごもり鳩
ヤマバトが巣作りをして、卵をあたためてます。
カラスに狙われないような場所をちゃんと選んで、器用に巣をかけて、辛抱強くあたためて、すごいもんですね。

春近し、ですね♪

しかし・・・鼻と眼が、かなり反応しております(>_<)
comment (4) @ 日々のことやウィルのこと

ふきのとう

2017/02/25
20170222ふきのとう1

20170222採りました

20170222庭の水仙

20170222穏やかな空でした

20170224ふきのとうてんぷら
水曜日に行ったダンナの実家の庭にふきのとうが顔を出していたので、摘んできました。
いいなあ、庭で、タダで!採れるなんて。
ちょうど前週に仕事で行った鎌倉のお漬け物屋さんでふきみそを買ったばかりだったので、てんぷらにしました。
うまい。ほんのり苦い、春の味。香りが力強い。

20170224今日もがんばりました
ボクは留守番でした。

余談ですが、実家の前のストリートビューに、義母が登場していました(笑)。
comment (3) @ 日々のことやウィルのこと

最近読んだ本(おもしろかった本)

2017/02/25
69 sixty nine (集英社文庫)69 sixty nine (集英社文庫)
村上 龍

集英社 2013-06-26
売り上げランキング : 172579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「来ちゃった」 (小学館文庫)「来ちゃった」 (小学館文庫)
酒井 順子 ほし よりこ

小学館 2016-03-08
売り上げランキング : 131425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生きるコント (文春文庫)生きるコント (文春文庫)
大宮 エリー

文藝春秋 2010-04-09
売り上げランキング : 28468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

comment (0) @ 本

春は名のみの・・・

2017/02/09
雪まじりの雨の降る、今日の寒さと言ったら!
既に産み落とされているお寺の池のアカガエルの卵、凍らないといいけれど。

20170208おひなさま
こんなに豪華なお雛様、この年になっても、見ると心が踊りました。
そんな自分の反応に、ちょっとびっくりしたりして(笑)。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

代々木公園ドッグランで初走り(1月4日)

2017/01/23
20170104代々木公園ドッグランにて

20170104ぐっちゃんとシバさんとびーさんと

20170104ウマがあったバンくん

20170104バンくんとプロレス遊び

20170104プロレス

201070104同い年のワイマラナーさん

20170104かわいい3匹

20170104ひとつ違いのぐっちゃん

急な誘いに二つ返事で駆けつけて遊んでくれた一つ年下のやんちゃビーグル・グッディくん、思いがけず出会えたザ・ビーグル!!な海老蔵くん&茶々丸くん、相思相愛?で飽きずにプロレス遊びをしてくれた同い年の黒ラブ・バンくん、お名前忘れちゃったけど、やはり同い年でウィルに近寄ってくれたワイマラナーさん、私に愛の突進してくれてジーパンにおよだたっぷりつけて甘えてくれたフレブルさん、その場にいたワンコさん、みんなみんな、かわいかった。ウィルともども新春のランをたっぷり楽しみました。前日代々木公園ドッグランから写メをくれて、初走りのきっかけを作ってくれたルナールくんにもspecial thanks!

ビーグルの真骨頂?!
4匹が皆同じで笑ってしまった。付かず離れず、ゴーイングマイウェイ。これぞ、ビーグル(笑)。
20170104ビーグルらしさ1

20170104ビーグルらしさ2

20170104ビーグルらしさ3
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

寒っっ!!!

2017/01/16
20170116.jpg

20170116水車も凍る

20170116つらら

20170116おいしそうなブロッコリー

20170116メジロ1

20170116メジロ2

20170116ひなたぼっこ

20170116梅咲いた

20170116初梅

真冬只中。
でも春の背中も見えてきた。
寒さも味わおう。生き物たちやまわりの小さな自然を見ると、そう思える。

comment (0) @ 日々のことやウィルのこと

無事迎えた2017年

2017/01/12
激走師走。
年内の仕事が終わると燃え尽きてしまい、こんなで年神様お迎えできるかな?もうなるようにしかならん。できなくても、罰は当たるまい・・・と思っていたけれど・・・

結果、どうしてもなところだけのなんちゃって大掃除して、おせちも作ってしまった。

これがきっといわゆる年の功(#^.^#) 

20170101今年のおせち

20170101おせち

20170101お雑煮

去年はダンナが元日早々インフルエンザになって、せっかく作ったおせちもすすまなかったけれど、今年はいい感じに無事完売。

自分で作ったのは黒豆、パイナップルきんとん、なます、だし巻き卵(だて巻きの予定ではんぺんも買ってあったのだが、甘いものばかりかな?と変更)、ミートローフ、買った蒲鉾。
今年の初試みは、ミートローフ。
隣のおばちゃんがおせちに加えて作っていた記憶、とてもおいしくて、いつかわが家も、と思っていたものです。
うむ、これは定番化決定です。
作ろうと思っていたけれど力尽きて作るのやめた筑前煮、鮭の昆布巻き(大好きだけど面倒でまだ作ったことがない)、ブロッコリーの天ぷら、豚肉の竜田揚げ(私の実家のおせちの代表的肉料理)は母の差し入れ。
やっぱりおいしい。母にはかないません。
手前のお寿司は、ダンナが近所のお寺で除夜の鐘の年越しのお手伝いをして、そのおみやげです。

お雑煮は鶏肉、小松菜、里芋、大根、にんじん、柚子、なると。

8月以来の連続休暇(零細自営業に土日はなく・・・)、正月は毎日朝から飲んで、食べて、寝て、脱力しました。

年末から甥っ子たちが来ていたけれど、大きくなって、下の子も声変わりしてて、びっくり。お兄ちゃんは高校1年、小学校から鍛え続け、現在も高校球児として活躍しています。弟は中学2年、得意科目は母親(=妹)に似て英語だそうです。

まあここには書けないこともいろいろとありましたが、とにもかくにも家族が無事にお正月を迎えられて、よかったです。

あっという間に正月休みも終わり、あれからもう半月近く経つってどんだけ・・・。
comment (2) @ 日々のことやウィルのこと

覚書(最近読んだ本で好きな本)

2017/01/12
福も来た―パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-6)福も来た―パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-6)
群 ようこ

角川春樹事務所 2016-07
売り上げランキング : 5548

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


優しい言葉―パンとスープとネコ日和優しい言葉―パンとスープとネコ日和
群 ようこ

角川春樹事務所 2015-12
売り上げランキング : 16679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


つるとはなつるとはな
つるとはな編集部 岡戸絹枝

つるとはな 2014-10-24
売り上げランキング : 11513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その島のひとたちは、ひとの話をきかない――精神科医、「自殺希少地域」を行く――その島のひとたちは、ひとの話をきかない――精神科医、「自殺希少地域」を行く――
森川すいめい

青土社 2016-06-24
売り上げランキング : 199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある
岡 檀

講談社 2013-07-23
売り上げランキング : 777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


息詰まって、癒しを求めてる私が出てる(爆)。でも、自殺したいなんて思ってませんから、ご安心を。生きやすさやいごこちのよい人間関係のヒントが満載で、とてもいい本でした。パンとスープとネコ日和の連作、こちらはフィクションだし、描き方はまるで違いますが、通底するものは前者のルポとまったく同じと思います。

思えば去年の正月は、年末に読んだ馳星周の「ソウルメイト2」から寄り道して馳星周の代表作「不夜城」を読んで、ダンナは正月だというのにウンウンうなって寝ているし、思いきりこの世の果て感、どんより暗くなったことをよく覚えております。今年は読後感がよい本ばかりでした。
comment (0) @ 本

師走

2016/12/09
前回書いてから1か月経ってしまいました。

20161123二の酉

20161123花園神社酉の市参詣の列

20161123熊手盛ってもらってます

20161203残念な試合

合間のイベントでした。

ああ、師走です~。

2016年末の夜
ウィルと寝て、しのいでます。
comment (0) @ 日々のことやウィルのこと